WEB+DB PRESS Vol42 わかりやすいURL

もうVol.43が出てるのに古い話題で恐縮ですが、

WEB+DB PRESS Vol42の特集『現場で使えるREST』記事内での、わかりやすいURLから。

URLを決める時に、

http://---/getHoge

などとしてしまいがちですが、

「URLとはそのリソースの名前である」「名詞が重要である」という前提で考えましょう、と。HTTPリクエストメッセージに

"GET /---/getHoge"

と書いてあったら、GETが二重に定義されていることになる。

"DELETE /---/getHoge"

などとなったら、もうわけがわからない。

というお話があって、なるほどなるほど、至極納得、となった次第です。
基本的なことと思ってはいても、名前をあーでもないこーでもないと考えるうちにブレてきてしまい、わかりにくいURLになってしまうことがよくありました。
気をつけましょう。

その特集には、RESTの基本として
副作用を与えないGET、べき等性を持つPUTとDELETE、新しい状態を作成するPOST
などの話題が載っており、勉強・復習になりました。

タイトルとURLをコピーしました