akiyanさん、CakePHP勉強会発表資料をZend Frameworkerが見る


CakePHP勉強会を開催しました! & 発表資料です : akiyan.com

私自身はCake使いではなく、今のところZend Frameworkerなのですが、そんな私が見てもとても勉強になる内容でした。

Zend_Db_Tableでfetchメソッドに検索条件を渡すとき、

[php]
$where = array(
‘status = ?’ => ‘active’,
‘confirmed_email = ?’ => ‘yes’,
);
$us = $users->fetchAll($where);
[/php]

なんて指定しますが、コントローラでこんなことしなくないな、と思った時どうするか?

普通によくやるのは、モデルのメソッドに組み込んじゃう、

[php]
class Users extends Zend_Db_Table_Abstract
{
public function getActiveUser()
{
retrurn $this->fetchAll(array(
‘status = ?’ => ‘active’,
‘confirmed_email = ?’ => ‘yes’,
));
}
}

//…

$us = $users->getActiveUser();
[/php]

こういう形で作ってしまいがちですが、じゃあ検索条件が増えた場合どうするんだっけ?とかorderやlimitを指定したい時はどうするんだっけ?というようなことを解説されています。
$whereにor条件などはZend Frameworkにそのまま持ってくることはできませんが、色々と参考になりますので是非拝読されることをオススメします!

こういう勉強会の資料を公表していただけるのは本当にありがたいですね。。

関連する記事:

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre lang="" line="" escaped="" cssfile="">

Trackbacks and Pingbacks: