AWSでEC2を起動したらまずやっておく設定


http://qiita.com/shojimotio/items/79264678e9ea10b6fd19

何度もやるよね〜ということで上記URLを参考にメモメモ。いつもシェルスクリプトにしておこうと思うんだけど、やりたいこと、設定したいことが変わるかもと思うと手でやってしまう。

# yum update -y

これは忘れない。

# vim /etc/sysconfig/clock

ZONE=”Asia/Tokyo”
UTC=false

# cp /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime
# date
Thu Sep 4 10:37:21 JST 2014

※再起動
# /etc/init.d/crond restart

これを忘れると大変なことになる。

# free
# dd if=/dev/zero of=/mnt/swapfile bs=1M count=1280
# mkswap /mnt/swapfile
# swapon /mnt/swapfile
# chmod 0644 /mnt/swapfile
# free
# sudo vim /etc/fstab
これを追記
/mnt/swapfile swap swap defaults 0 0

イメージをコピーした時にswapどうなるんだっけ?問題ないか。

# echo “LANG=ja_JP.UTF-8” > /etc/sysconfig/i18n
# yum install -y man-pages-ja

日本語環境にしなくても今はデフォルトでなってる説。
一応メモ。

とりあえずこんな感じで後は思いついたら追記する。

関連する記事:

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre lang="" line="" escaped="" cssfile="">