DockerでDjango Qucikstart

DockerでDjango動いたら幸せになるんじゃないかという青い鳥を求めました。
とりあえず公式のQuickStartをやってみます。

https://docs.docker.com/compose/django/

なんにしろvenvで仮想環境を構築。

$ python3 -m venv dd_project
$ cd dd_prioject
$ source bin/activate

pipでdjango入れておきます。

$ pip install --upgrade pip
$ pip install "django==2.0.1"

Dockerfile作れとのこと。

$ vi Dockerfile
FROM python:3
ENV PYTHONUNBUFFERED 1
RUN mkdir /code
WORKDIR /code
ADD requirements.txt /code/
RUN pip install -r requirements.txt
ADD . /code/

psycopg2がいるらしいのでpipで入れておきます。

$ pip install psycopg2

requirements.txtを使うらしいので、作っときます。pipのいいところ。

$ pip freeze > requirements.txt

compose.ymlがいるとのこと。ここらへんのdocker設定、やったことあるはずなのにきちんと理解してないんですよね。。学ばねば。

$ vi docker-compose.yml
version: '3'

services:
db:
image: postgres
web:
build: .
command: python3 manage.py runserver 0.0.0.0:8000
volumes:
- .:/code
ports:
- "8000:8000"
depends_on:
- db

んで、docker-compose

$ docker-compose run web django-admin.py startproject composeexample .

これがよく分からないのであとで追わねば。まあwebサーバとしてrunして、djangoの新規プロジェクトを作ってる、っていうイメージの設定を書いてるんでしょね。

でup、と。

$ docker-compose up

これだ確かにlocalhost:8000でアクセスできます。
postgresも動いているっぽいです。

これでdbをrdsで動くようにして、サーバはdockerrunじゃなくてwebでって設定できればecsにあげるだけで動く幸せシステムができるんでしょか。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください